重度心身障がい者醫療費助成

2020年7月6日

重度心身障がい者醫療費助成


   受給者の方の醫療費の健康保険適用における自己負擔金について助成する制度です。

対象者

身體障害者手帳所持者

○障がい程度が1級または2級の方
○內部障がいで障がい程度が3級の方

※內部障がい=心臓、腎臓、呼吸器、ぼうこう、直腸、小腸、免疫、肝臓機能障害

療育手帳所持者 ○障がいの程度がAの方
精神障害者保健福祉手帳所持者 ○障がい程度が1級の方
その他 ○身體、療育、精神のいずれかの手帳を重複してお持ちの方
 ※生活保護を受給している方は除きます。
 ※所得制限があります。

登録申請に必要なもの

  1. 身體障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳
  2. 健康保険証
  3. 印鑑
  4. 金融機関の通帳(本人名義のもの)
  5. マイナンバー(本人?配偶者?扶養義務者)
  6. 窓口に來庁する方の身分証明証
※今年1月1日現在、會津若松市に住所のなかった方(家族含む)は、次の(1)または(2)をご提出ください。
(1)マイナンバーの分かる書類(個人番號カード、通知カード等)
(2)所得課稅証明書(今年1月1日時點での住所地の自治體が発行するもの)
 

助成額

   保険適用分の自己負擔金のうち、加入している健康保険から支給されるもの(高額療養費、附加給付金等)を除いた金額の一部または全部を助成します。
  
  •  65歳未満 醫療費の3割(上限額:加入している健康保険の自己負擔限度額)
  •  65歳以上 醫療費の1割(上限額:後期高齢者醫療保険の自己負擔限度額)
65歳以上で後期高齢者醫療保険未加入の方へ(316KB)
 
※入院時の、室料の差額?文書料?レンタル料?入院中の食事代?予防接種等は対象外です。
※精神障がいを事由として受給対象者となっている方の、精神疾患に係る入院分の醫療費は対象外となります。

助成方法

現物助成方法(「現物」と記載された受給者証を持っている方)

  原則、福島県內の醫療機関の窓口でのお支払いが不要です。

  醫療機関の窓口にて、受診のたびに、受給者証と健康保険証を提示してください。

 

※窓口でのお支払いが必要な場合があります。その場合は、下記の【助成金申請方法】に従い、申請してください。

醫療機関窓口にてお支払いが必要な場合.pdf(152KB)

 

償還助成方法(「償還」と記載された受給者証を持っている方、醫療機関での支払いが生じた方)

  醫療機関の窓口にて醫療費を支払い、後から登録口座に振り込みます。

 

【助成金申請方法及び支給までの流れ】
【1.支 払】 醫療機関受診後、自己負擔金を支払
【2.申 請】 醫療機関窓口に、重度心身障がい者醫療費助成申請書を提出
【3.証 明】

醫療機関において、醫療費の自己負擔額を証明し、醫療機関から市役所へ申請書を提出

※市外の醫療機関の場合は、申請書に領収書を添付し、市へ提出

【4.決 定】 市役所で申請書を確認後、助成決定通知書を提出
【5.振 込】

登録してある銀行口座へ振り込み(毎月20日前後)

※1回の醫療費が、21,000円を超えた場合、または、65歳以上の方は診療月から4ヶ月後の振込となります。

 

助成開始時期

 登録手続きをした月の、翌月1日から助成を受けることができます。

 

 受給者証について

 受給者証の有効期間は、毎年8月1日から翌年7月31日です。(一部有効期限が異なる場合があります。)

 毎年7月に前年の所得等の確認し、該當となる場合は、7月下旬に新しい受給者証を郵送します。

 一度登録申請をすると、更新の手続きは不要です。

 ※受給者本人及び同居家族に未申告の方がいる場合は、受給者証の認定ができませんので、忘れずに申告ください。

 

注意點

  • 重度醫療で助成された醫療費は、確定申告で醫療費控除の申請はできません。
  • 本制度は、他に対象となる醫療費助成制度を受給し、最終的に自己負擔額となる醫療費を対象として助成します。自立支援醫療(精神通院?更生醫療)、指定難病醫療費助成制度等の対象となる方は、その制度を優先して利用していただく必要がありますので、手続きを必ず行ってください。
  • 自立支援醫療受給者証や、指定難病醫療費受給者証等をお持ちの方は、必ず醫療機関の窓口での提示をお願いします。

 

受給者の方が亡くなられたとき

   受給者の方が亡くなられたときは、お手続きが必要となります。以下のものをお持ち下さい。
  1. 重度心身障がい者醫療費受給者証
  2. 屆出人の方の印鑑
※償還払い対象の方、市外醫療機関受診分の重度心身障がい者醫療費助成の未払いがある方は、金融機関通帳及び、同意書の提出が必要となります。詳しくは、お問合せください。

 

 

変更屆

   次のときは、必ず屆け出が必要となります。
  • 氏名の変更
  • 住所の変更
  • 加入している健康保険の変更
  • 振込先金融機関の変更
  • 同意書に記載した世帯構成員の変更 
 
 

窓口

  • 會津若松市役所 障がい者支援課
  • 北會津支所住民福祉課
  • 河東支所住民福祉課
  • 各市民センター(重度心身障がい者醫療費助成申請書の受付のみ) 
 

お問い合わせ

  • 會津若松市役所 障がい者支援課 給付グループ
  • 電話:0242-39-1241
  • FAX:0242-39-1430
  • メール送信フォームへのリンクメール
老司机AV片-最新无码片